top of page
  • 執筆者の写真ジョウコクちゃん

きょう令和5年3月13日からマスク着用は個人の判断が基本となります

令和5年(2023年)3月13日以降、マスクの着脱は

個人の主体的な判断を尊重することが基本となります。

本人の意思に反して、マスクの着脱を強制することがないよう、

配慮しましょう。


マスク着用の見直しに係る対応の詳細については、

厚生労働省ホームページをご覧ください。



大手デパートでは、三越伊勢丹ホールディングスが、

傘下のデパートで来店客に求めているマスクの着用について、

3月13日以降は個人の判断に委ねるとしています。

一方で、従業員については、客や本人の安心・安全のため

着用を継続するとしています。

高島屋や大丸松坂屋百貨店、それにそごう・西武なども

同様の対応をとる方針です。

また、流通大手のイオンは、3月13日以降も従業員の

マスク着用を継続する一方、客に対しては原則、

着用のお願いをしないとしています。ただし、感染拡大時や

混雑する場所では、店内放送などを通じ着用をお願いする

場合もあるとしています。


コンビニ業界大手では、セブン‐イレブン・ジャパンや

ファミリーマート、それにローソンが来店客のマスク着用は

個人の判断に委ねます。従業員についても個人の判断に

委ねるものの、加盟店のオーナーを通じ、

引き続き着用を推奨するとしています。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page