top of page
  • 執筆者の写真ジョウコクちゃん

今年も10tの収穫をめざし🚜田植えの準備をしています!

JYOKOKU(ジョウコク) では農業事業の一環として、

お米作りにも力を入れています。


ここは日本百名山がそびえる山岳と大自然の杜、山梨県北杜市。

着々と田植えの準備を進めています。

12~15cmほどに成長した苗を、田んぼに移植する作業が「田植え」です。


その事前準備が、土をかき混ぜて表面を平らにする「代掻き(しろかき)」です。

代掻きは、田起こしが完了した田んぼに水を張って、土をさらに細かく砕き、

丁寧にかき混ぜて、土の表面を平らにする作業です。

この真っ赤なマシーンは、我社自慢の通称フェラーリ!

『クボタ B1-14D トラクター』です。

トラクタの後部に装着された代掻きハローが、田んぼのデコボコを

無くして、均平にしていきます。時速約2~4kmで掻き過ぎにならないよう、

できるだけ低速で行います。


田植えの時期は地域によって異なりますが、一般的に本州では5~6月に

田植えを行います。今年も10tの収穫をめざします!




0件のコメント

Comments


bottom of page