• ジョウコクちゃん

「保護犬+本格推理」小説に バス運転手 松原さん刊行

八王子市内を走る路線バス運転手の八王子市川口町在住

松原真義さん(37)が3月15日、書籍「ぼくをころさないで」を

文芸社から自費出版しました。


松原さんは保護犬の譲渡会を市内でも行う「ちばわん」

(拠点・千葉県)のメンバーでもあり、その活動をテーマとしつつ、

本格推理小説に仕上げた。構想4年で、初めての小説だといいます。


静岡県の架空の島を舞台に、バス運転手の妻が一見不可能と

思われる犯罪のトリックを解き明かすという内容。

その謎解きに夫婦が保健所から引き取った飼い犬が

一役買うという物語です。


松原さんは「動物愛護が裏テーマ。重いテーマを扱うので、

セリフは明るくするなど工夫した」と話します。


「保護犬の活動にも興味を持ってもらえれば。

まずは知ってほしい」。

ちばわんの譲渡会はコロナ禍で停止していますが、

6月頃の再開を目指しているそうです。


タウンニュース 2022年4月7日号より引用させて頂きました。

閲覧数:119回0件のコメント

最新記事

すべて表示