top of page
  • 執筆者の写真ジョウコクちゃん

八王子では回収・資源化の実証実験として使い終わった天ぷら油を回収しています

使い終わった天ぷら油などの家庭から出た廃食油を回収し、

航空機用ジェット燃料、家畜の飼料などにリサイクルする

実証実験が八王子市内で始まりました。


スーパーアルプス楢原店、みなみ野店、八王子市役所本庁舎に

回収ボックスが設置されています。

そのほか、八王子市の資源回収場所をスマホアプリ pool me で

続々見える化中です!


持ち込み方法は、冷ました油からできるだけ不純物を取り除いて

ペットボトルに移し替え、ふたをして回収ボックスに入れます。

集めた油はSAF(持続可能な航空機用燃料)やバイオディーゼル燃料、

バイオプラスチック原料などになります。


国が2030年までに航空燃料の10%をSAFにすることを掲げるなど

脱炭素社会への移行が進むなかで、国内で年間約10万トン発生している

廃食油が注目されている一方で、家庭から排出されている廃食油の

ほとんどが廃棄されていて、八王子市内でもこれまでは可燃ごみとして

処理するほかありませんでした。


回収場所:スーパーアルプス楢原店、みなみ野店

     八王子市役所本庁舎 ごみ減量対策課

実施期間:2024年1月22日~2024年3月31日

     実施期間は延長を予定しているので随時更新予定です。

お問い合わせ:レコテック株式会社

電話:070-9074-3319



0件のコメント

Comments


bottom of page