top of page
  • 執筆者の写真ジョウコクちゃん

八王子 多摩織「澤井織物工場」

2023年1月18日(水)テレビ朝日放送「東京サイト」で

番組ナビゲーターの林家きく姫さんが八王子 多摩織

「澤井織物工場」を訪れました。


東京都では、東京の風土と歴史の中で受け継がれてきた

41の工芸品を東京都伝統工芸品に指定しています。

多摩織は江戸時代に桑の生産地だった八王子を中心に始まった

絹織物で、紬糸の素朴な手触りとシンプルな柄や色が特徴です。

多摩織の伝統工芸士 澤井伸さんは、

「多摩織は5種類あって、多摩地区は広い範囲で色々な織物を

織っていました。基本は先に糸を染めてから布を織っていました。

中でも代表的な織り方が「紬織(つむぎおり)」です。

独特な凹凸が少しあり、紡いでいる糸を横糸に織っているので

節っぽいところが色々出ます。

材料となる絹糸の色染めから行っていきます。

紬(つむぎ)の糸を染めていきます。桑の葉を乾燥させた染料で

煮込んで作ります。天然の染料を使うのも多摩織の魅力です。

この糸を縦糸や横糸として使い手織りするのが多摩織の基本です。

1日で2mくらい、1週間くらいかかるそうです。



施設名:澤井織物工場

住所:東京都八王子市高月町1181

電話:042-691-1032



閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page