• ジョウコクちゃん

筒美京平メロディー

作曲家の筒美京平さんが7日死去されました。歌謡曲に、洋楽のサウンドを取り入れ、

日本のポップミュージックの新たな地平を開きました。日本の歌謡・ポップス史に

燦然と輝くヒット曲を数多く生み出し続け、シングル売り上げは『歴代作曲家1位』の

偉業を成し遂げています。筒美京平さん作曲の作品は知らない曲がほとんどないほど 

親しみやすい身近な曲ばかりです。


【それぞれの時代を彩った主な作品】

▽1967年 ヴィレッジ・シンガーズ「バラ色の雲」

▽1968年 いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」

▽1969年 宇野ゆう子「サザエさん」

▽1971年 尾崎紀世彦「また逢う日まで」/平山三紀「真夏の出来事」/ 南沙織「17才」

▽1972年 郷ひろみ「男の子女の子」

▽1973年 麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」

▽1974年 野口五郎「甘い生活」

▽1975年 岩崎宏美「ロマンス」/太田裕美「木綿のハンカチーフ」

▽1978年 庄野真代「飛んでイスタンブール」/野口五郎「グッド・ラック」

▽1979年 ジュディ・オング「魅せられて」/桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」

▽1980年 近藤真彦「スニーカーぶる~す」

▽1981年 近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」/松本伊代「センチメンタル・

 ジャーニー」

▽1985年 C-C-B「Romanticが止まらない」/斉藤由貴「卒業」/小泉今日子

 「なんてったってアイドル」/少年隊「仮面舞踏会」

▽1986年 中山美穂「ツイてるねノッてるね」

▽1994年 NOKKO「人魚」

▽1995年 小沢健二「強い気持ち・強い愛/それはちょっと」

▽2003年 TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」

2020年10月13日 朝日新聞朝刊より


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示