• ジョウコクちゃん

20代以上全世代でコロナ後遺症 呼吸困難や嗅覚障害

新型コロナウイルスの感染者で、20代以上の全ての世代で、後遺症が

確認されていることがわかりました。


国立国際医療センターの大曲国際感染症センター長が公表した調査では、

発症後、全体の76%に後遺症が出て、2カ月で48%、4カ月でも27%の患者に、

何らかの後遺症があり、特に呼吸困難、倦怠(けんたい)感、嗅覚障害は

4カ月たっても、およそ10%の患者で認められたということです。


後遺症は、20代では嗅覚障害が最も多く、次が味覚障害だったが、30代以上は、

どの世代もせきが最も多く、次は30代が呼吸困難や倦怠感、40代50代は

倦怠感や呼吸困難、60代は嗅覚障害や呼吸困難となっていて、世代別に

症状の違いがみられるようです。また、脱毛は24%にみられ、このうち64%は、

調査時に改善していなかったそうです。


まだまだ未知数の新型コロナウイルス、感染防止を心がけましょう。



閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示