• ジョウコクちゃん

安倍総理の病気 潰瘍性大腸炎とは

安倍晋三首相が辞任を表明しました。辞任の理由として挙げたのは、

持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎の悪化でした。


潰瘍性大腸炎とは、国が定めた指定難病の一つで、大腸に炎症が

起こることで大腸の粘膜が傷つき、ただれたり、はがれたりする

原因不明の病気です。


ひどくなって重症例になってくると、1日10回以上 血便とか下痢が

続いたりトイレから出られなくなり、日常生活もままならなくなり

仕事をするのも つらい状況になるそうです。


安倍総理、本当にお疲れさまでした。ゆっくり静養してください。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示